ツキノワグマの目撃情報について

更新日:2024年07月17日

農作業や林業など、外で作業される方、釣り、登山、キャンプなどレジャーで山や川に入る方は特に注意してください。

もしも、クマに遭遇してしまった場合は・・・
・落ち着いて、クマに背を向けずに、ゆっくりとその場から離れましょう。
・クマを驚かすので、大声を出したり、走って逃げるのはやめましょう。

目撃等情報

令和5年5月3日

時間:16時30分頃

場所:領内地区神滝地内にある始神谷付近

令和5年6月16日

時間:18時50分頃

場所:領内地区唐櫃地内にある民家敷地内

令和5年6月24日

時間:16時45分頃

場所:領内地区明豆から荻原地区栗谷へ抜ける町道明豆・栗谷線付近

令和5年7月15日

時間:11時00分頃

場所:大杉地区久豆から宮川ダム堰堤へ続く道の途中にある土捨て場付近

令和5年9月4日

時間:8時30分頃

場所:領内地区明豆地内にある天明橋から上流側300m付近

令和5年9月4日

時間:10時30分頃

場所:荻原地区天ケ瀬から栗谷へ抜ける国道422号線付近

令和6年6月5日

時間:19:00頃

場所:唐櫃地内 墓地付近

令和6年7月3日

時間:10:00頃

場所:明豆地内 雨量観測所から河川方面の山林内

令和6年7月6日

場所:大杉地内 登山センター~新大杉橋間の県道上

農作業時等の注意について

クマの出没を防ぐためには

農作業を行う際に注意すべき事項

・作業中にラジオなど音の出るものを携帯するなど、自分の存在をアピールすること。
・クマの出没情報に留意し、クマの行動が活発になる早朝、夕方の作業時には、周囲に気をつけること。
・森林、斜面林などのそばの農地は、クマの出没ルートとなりやすいので特に注意し、周囲の灌木(低木)の刈り払いなどを行うこと。
・頻繁にクマが出没する地域においては、できるだけ単独での作業は避けること。

誘引物の適切な管理

・クマを誘引する生ゴミや野菜・果実の廃棄残さなどは適切に処理すること。
・農地では、果樹園が被害を受けやすいところであり、収穫後の放置果樹は適切に除去すること。
・クマは、収穫物収納庫に入り込んで採食することもあるため、収納庫はきちんと施錠するなどの管理を徹底すること。
・草刈り機などに使われるガソリンなどの揮発性物質も、クマの誘引物となるため、保管場所等に注意すること。
鳥獣対策により捕獲したシカやイノシシなどが、クマの誘引物とならないよう、埋設する場合には十分な深さに埋設するなど適切に処理すること。

クマは非常に執着心が強く、家の周りにある果実や生ゴミの味を覚えると何度も現れるようになります。特に養蜂箱については、使用していないものの撤去、使用している場合は電気柵を設置するなどの対応をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

大台町役場 産業課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3786
ファックス:0598-82-2565

お問い合わせフォーム