【ワクチン】5歳から11歳に対する接種について

更新日:2024年01月04日

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ

お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意と立ち合いが必要です。

ワクチンの接種は義務や強制ではなく、希望する方が接種するものです。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。
周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ)(PDFファイル:3.8MB)

ファイザー社の新型コロナワクチン接種についての説明書(5歳から11歳接種用)(厚生労働省HP)                    

小児接種の基本情報

接種が受けられる時期

接種を行う期間は令和6年3月31日までです。

令和5年度 秋開始接種についてのお知らせ(2023年9月版)(PDFファイル:1.3MB)


接種の対象

新型コロナワクチンの小児接種の対象は、原則、日本国内に住民登録のある5~11歳の方です。(国籍は問いません)


  ■接種にあたって
接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。

(※) 日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。
日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)


接種を受ける費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

小児の初回接種

接種対象者

初回接種を受けたことがなく、1回目の接種日に5~11歳(※)の方
​※初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。


接種するワクチン・接種間隔・対象年齢

小児の初回接種(1・2回目)の接種するワクチン、接種間隔、対象年齢
ワクチン ファイザー社(5~11歳用)オミクロン株(XBB.1.5)対応ワクチン(1価)<説明書>(PDFファイル:715.2KB)
接種間隔 1回目接種後、通常3週間後に2回目接種
対象年齢 1回目接種日に5~11歳

 

●1回目と2回目の接種間隔
通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ早くに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

〔他のワクチンとの接種間隔〕

  1. ▷他の予防接種を、新型コロナワクチンと同時に同じお子様に対して行わないでください。
  2. ▷前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。
  3. ▷インフルエンザワクチンに限り、接種間隔は必要ありません(同時接種が可能)

●接種対象年齢
接種する日の年齢です。
小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。

小児の追加接種(3回目以降)

  令和5年秋開始接種
接種対象者 初回接種(1回目・2回目(※1))を完了している、5~11歳の方。
接種間隔 前回の接種後3か月以上
ワクチン

ファイザー社オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(小児用) 使用容量:0.2ml<説明書>(PDFファイル:727.9KB)

モデルナ社オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(6歳~11歳用) 使用容量:0.25ml<説明書>(PDFファイル:736.7KB) (※2)

接種回数 1回

(※1)乳幼児(生後6か月~4歳)接種での初回接種は、3回で1セットです。3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、まずは乳幼児ワクチンでの初回接種を完了していただきます。
(※2)モデルナ社製ワクチンは6歳から11歳用になります。

(※3)接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。

接種券・接種予約

接種券の発送

【接種をご希望の方】

接種券をお持ちの方 ・・・お持ちの接種券で接種可能です。

接種券をお持ちでない方 ・・・接種券発行申請WEBフォームより申請してください。

※接種をご希望の方で、大台町に転入された方は申請をお願いします

※以前に送付した接種券を使用していない方は、そちらの券を使用することが出来ます。

※接種券は申請をもって発送いたします。(「前回から~か月経過」等で自動的に発送することはありません。)

※紛失された方は再発行できます。


12歳に到達する方

12歳以上用のワクチンを接種される場合でも、接種券・予診票はそのままご利用いただけます。


コールセンターで予約

0120-53-5670

【受付時間】

月曜日~金曜日 ・・・ 午前9時から午後6時(※祝日を除く)​

つながりにくい場合は、時間をおいておかけ直しいただきますよう、お願いいたします

Webで予約

松阪地区新型コロナワクチン予約システム(外部サイトに移動)

※webブラウザInternet Explorerの場合、予約システムの操作ができませんので、URLを別のブラウザのアドレスバーに入力してください(推奨ブラウザ:Microsoft Edge 、Mozilla Firefox 、Google Chrome 、Safari)

 

接種する場所

小児接種会場

5歳から11歳 小児接種実施医療機関一覧(ページを移動します)
※かかりつけの小児科が1市3町外に所在する場合でも、小児ワクチン接種予約ができれば接種は受けられます。(自治体への手続きは不要)

【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例】

  1. 入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
  2. 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
  3. 副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方
  4. 市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方
  5. 災害による被害にあった方
  6. 都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける方(会場毎の対象地域にお住まいの方に限ります)
  7. お住まいが住所地と異なる方

  ※1~6の方については、住所地外接種の手続きは不要です。

住所地外接種届について

ワクチン接種について

新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医等にご相談ください。同時または前後2週間は、原則、インフルエンザワクチン以外の他のワクチンを受けることはできません。
お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医等によくご相談ください。


持ち物

  1. 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
  2. 郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
  3. 母子手帳
  4. お薬手帳(必要に応じて)

接種当日の注意

  1. 予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
  2. ※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
  3. 当日は、すぐに肩を出せる服装で来てください。
  4. 37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。予約先にお電話で取消のご連絡をお願いいたします。

副反応に関する相談窓口【小児対応】

接種前後の副反応に関する質問・相談に対応します。

みえ新型コロナワクチン副反応相談窓口
電話番号:059-224-3326
受付時間:24時間(土日祝日も対応)
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語


接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページをご参照ください。

5歳から11歳 小児への新型コロナワクチン接種に関する各種資料等