スーパーシティ構想に挑戦します

 スーパーシティ構想は国が推し進める国家戦略特区制度の一つで、AI(人工知能)やICT(情報通信技術)などの先端技術を活用して、医療や交通、観光などの生活全般にまたがる複数の分野で、便利で暮らしやすいまちの実現を目指すものです。

 国の例示では、自動運転車による移動やドローンを使った配送サービスなどが列挙されていますが、必ずしもこれらの取り組みに限定される訳ではなく、住民目線での地域課題の解決や利便性向上を目指したさまざまな取り組みが想定されます。

 現在、2030年頃の実装を目標に周辺自治体と共にこの構想に応募する準備を進めています。

スーパーシティ画像

スーパーシティ構想とは(内閣府説明ページへのリンク)