平成27年度の軽自動車税から税率が変わりました

平成26年度税制改正による地方税法の一部改正に伴い、軽自動車税に関する町税条例の一部を改正しました。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪、小型二輪

国の税制改正では、当初平成27年度課税からの引き上げを予定していましたが、平成27年3月国会において、引き上げを1年延長し、平成28年度から税率変更することが決まりました。

区分 税率(年額)
現行 平成28年度以後
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000
50cc超から90cc以下まで 1,200円 2,000
90cc超から125cc以下まで 1,600円 2,400
ミニカー 2,500円 3,700
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400
その他 4,700円 5,900
二輪 125cc超から250cc以下 2,400円 3,600
小型二輪 250cc超 4,000円 6,000

 

三輪、四輪

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両から表中2.の【新税率】が適用されます。
また、最初の新規検査から13年を経過した車両から順次、表中3.の【重課税率】の対象になります。

区分 税率(年額)
1.平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両
(現行の税率)
2.平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両
(新税率)
3.最初の新規検査から13年を経過した車両
(重課税率)
平成28年度開始
四輪 乗用 自家用 7,200円 10,800円 一定の環境性能がある車両は、平成28年度に限り特例軽減があります。 12,900
営業用 5,500円 6,900円 8,200
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000
営業用 3,000円 3,800円 4,500
三輪 3,100円 3,900円 4,600

 

税率引き上げの例

車種、取得時期や経年数によって税額が上がる年度が異なります。

1.原動機付自転車(50cc)を持つ人の場合

原動機付自転車・二輪・小型二輪・小型特殊自動車は、平成28年度課税から一律で税率が引き上げられます

2.平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた四輪乗用を購入した人の場合

『最初の新規検査』とは、車が初めて車両番号の指定を受ける際に行う検査です。

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は、翌年度から新税率が適用されます。

3.平成20年度中に最初の新規検査を受けた四輪乗用を所有している人の場合

最初の新規検査を受けてから13年を経過した翌年度から重課税率の対象となります(電気自動車等を除く)。

平成20年5月に最初の新規検査を受けた車両の場合、平成33年5月の翌年度である平成34年度から重課税率の対象となります。

自分の車の『最初の新規検査を受けた年月』は、自動車検査証の『初度検査年月』欄に記載されています。

使用していない軽自動車等はありませんか?

軽自動車税は毎年4月1日時点で登録されている車両の使用者に課税されます。使用していない場合であっても、廃車手続きをしないかぎり課税対象になるのでご注意ください。

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録廃車手続きは税務課又は支所及び各出張所にて受け付けております。

その他、四輪は軽自動車検査協会。二輪・三輪・小型二輪は中部運輸局へそれぞれお問い合わせください。

  • 大台町役場税務課…電話:0598-82-3784
  • 軽自動車検査協会(三重事務所)…電話:050-3816-1779
  • 中部運輸局(三重運輸支局)…電話:050-5540-2055
お問い合わせ先
大台町役場 税務課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3784
ファックス:0598-82-1775
お問い合わせフォーム