寄附金の使途を指定できます

~大台町は町全域が、ユネスコエコパークに登録されています~

 ユネスコエコパークとは、生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共生)を目的として、ユネスコが開始しました。地域の豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学ぶと共に、文化的にも経済・社会的にも持続可能な発展を目指す取り組みです。

 

 世界のユネスコエコパークの登録総数は、119か国631地域、日本では南アルプス、屋久島、白山、そして大台ヶ原・大峯山など7つの地域が登録されています(2014年6月現在)。

 

 大台町ふるさと応援寄附金は、寄附者様のご希望により次の3つの事業の中から、寄附金の使い道を指定して頂くことができます。

大台町では、お寄せいただいた寄附金を次の各事業に活用させていただきます。ご希望の事業を選んでいただき、指定していただけます。

ただし、これらはあくまで地方自治法第96条第1項第9号に定める「負担付きの寄附」(寄附の条件等として町が法的義務を負い、その不履行の際には当該寄附の解除など寄附の効果に影響を与えるもの)としてではなく、「指定寄附」(寄附者が自らの寄附金について何らかの使途を希望し、町としてこれを尊重しつつ、各分野への配分を判断・活用させていただくもの)としてお受けするものであることをご了承ください。

1.自然環境の保全のために!

~自然環境保全事業~

 大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークの「核心地域」を源流とする日本一の清流「宮川」。その清流を守るために、森林の保全と生活排水処理対策を行います。

 1.森林の公益的機能を向上させ、「緑のダム」を形成するために、荒廃林等の整備を計画的に進め、森林の適正な管理に努めます。

 2.生活排水処理のため、公共下水道の加入促進や高度合併処理浄化槽の設置整備、適切な維持管理などを促進します。

 

ふるさと森林と「清流日本一」の宮川

2.教育環境の整備のために!

~教育環境整備事業~

 大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークの「緩衝地域」「移行地域」で行われる自然の保全・持続可能な利活用への理解の増進と、将来の担い手となる子ども達の教育環境の充実などを行います。

 1.大台町内すべての小中学校で「ユネスコスクール」への加盟を進め、自然環境のよさを生かした、地域に根ざした学習を発展させるとともに、地域の人たちとの交流をする中で、地域を知り、そこで暮らす人々を知ることで、郷土を愛する心情を育みます。

 2.保護者の就労形態の多様化に対応するため、町立保育園での延長保育を実施し、高まる保護者のニーズに応じた保育に努めるともに、入園前の児童と保護者がきめ細かい支援や相談を受けられるよう、子育て支援センターの充実を図ります。

3.地域産業の発展のために!

~地域産業発展事業~
 

 大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークの「移行地域」で行われる地域社会や経済の発展を図るために、観光客の誘致や地域産業の活性化を図ります。

 1.観光協会などと連携し、情報の集積と発信体制を確立し、総合的に大台町の統一されたイメージの定着を図ります。また、ホームページなどのIT手段を積極的に活用し、観光客の誘致を進めます。

 2.農道やかんがい施設などの農業生産基盤整備を進め、優良農地の保全に努め、農業後継者対策を図ります。

 3.鹿や猪などによる獣害による農業生産意欲の低下や耕作放棄地の拡大を防止するたに、防護柵の設置などの獣害対策を行います。

 

 

4.事業の指定なし

~町政全般の事業~

お問い合わせ先
大台町役場 総務課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3781 内線:211
ファックス:0598-82-1618
お問い合わせフォーム