子宮頸がん予防ワクチン接種について

 平成25年4月より定期接種となりましたが、同年6月14日の厚生労働省の勧告により現在も子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨を差し控えています。

 そのため、大台町でも積極的な勧奨(個別通知)は控えておりますが、定期接種を中止するものではないため、接種を希望される場合は医師とご相談の上、有効性とリスクを理解して接種して下さい。

子宮頸がん予防ワクチン

【効果】

 子宮頸がんの主な原因ウイルスであるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎます。

 現在使用している子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因の約50~70%を占める2つのタイプ(HPV16型と18型)のウイルス感染を防ぎます。種類は2種類あり、どちらを選ぶかは医師とご相談ください。

 (注意)必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。

 

【副反応】

 注射部位の症状(痛み・腫れ・赤みなど)、発熱、疲労感、頭痛、腹痛、筋肉や関節の痛み、めまいなどが生じることがあります。

 

【対象年齢】

 接種日において大台町に住民登録があり、小学6年生から高校1年生に相当する年齢の女性。

 (注意)標準年齢は、中学1年生の女性となっております。

 

【接種回数】

 6か月間の間に3回の筋肉注射が必要です。

 1、サーバリックス:1回目接種後、1か月後に2回目、6か月後に3回目を接種

 2、ガーダシル:1回目接種後、2か月後に2回目、6か月後に3回目を接種

接種を検討、受ける方

 接種を検討している方、接種を受ける方は、厚生労働省ホームページ(ヒトパピローマウイルス感染症)をご確認ください。また、厚生労働省より発行されているリーフレットについてもご確認ください。

 予診票は大台町役場健康ほけん課にありますので、お問い合わせ先までご連絡ください。窓口もしくは郵送にてお送りさせていただきます。

【厚生労働省ホームページ】

ヒトパピローマウイルス感染症とは

「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A

【子宮頸がん予防ワクチンに関するリーフレット】

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(PDF:398.9KB)

HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ(PDF:391.5KB)

お問い合わせ先
大台町役場 健康ほけん課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3785
ファックス:0598-82-1775
お問い合わせフォーム