農業委員、農地利用最適化推進委員の募集、推薦について

農業委員会等に関する法律の改正により、平成28年4月から、農業委員はこれまでの選挙制から推薦・応募による市町村長の任命制になりました。また、担い手への農地の集積や遊休農地の発生防止・解消等を進めるため、新たに現場活動を積極的に行う農地利用最適化推進委員を農業委員会が委嘱することになりました。

募集するにあたっての法律改正ポイント

農業委員会等に関する法律が改正(平成28年4月施行)され、農業委員の選任方法が変わりました。

(1)農業委員会の役割が「農地等の利用の最適化の推進」として強化

農業委員会は許認可だけではなく、担い手への集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入の促進など、農地等の利用の最適化を積極的に取り組んでいくことが位置付けられました。

(2)農業委員の選出方法等の変更

公職選挙法に基づくものから、町長が町議会の同意を得て任命するものとなりました。また、任命にあたって町長は農業者等に農業委員候補者の推薦を求めるとともに公募を行うこととなりました。

農業委員の過半数は原則として、認定農業者又はそれに準ずる者であること、委員会所掌事務に利害関係のない者を含めることや、年齢・性別等に偏りが生じないよう配慮することが求められています。

(3)農地利用最適化推進委員の設置

農業委員会は農地等の利用の最適化推進に取り組む体制を強化するため、農業委員とは別に農地利用最適化推進委員を委嘱します。農地利用最適化推進委員は主に地域での活動を行い、地域農家と密接に関わりながら総会等で意見を述べて頂くなど、農業委員と連携しながら業務に取り組んでいただきます。

このため大台町では、次のとおり農業委員及び農地利用最適化推進委員の応募・推薦を受け付けます。

なお、推薦・応募された内容(氏名や年齢、職業、経歴等)は、随時、町ホームページ等にて公表しますのであらかじめご了承ください。

対象者及び定数、任期等

農業委員(14人)

農業に関する見識を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項その他の農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができ、平成30年10月1日において、次の資格要件を満たしているかた

(1)大台町に住所を有する者を基本に、町外に住所を有する者も妨げない

(2)市町の職員でないこと

(3)法令等上、農業委員と兼職を禁止されている職にないこと

(4)破産手続き開始の決定を受け、復権を得ない状況にないこと

(5)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終えていない状況にないこと、又はその執行を受ける可能性がある状況にないこと

(6)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団若しくは暴力団員又はこれらと密接な関係を有する者でないこと

農地利用最適化推進委員(5人)

農地等の利用の最適化の推進に熱意と見識を有し、平成30年10月1日において、次の資格要件を満たしているかた

(1)大台町に住所を有する者を基本に、町外に住所を有する者も妨げない

(2)市町の職員でないこと

(3)法令等上、農地利用最適化推進委員と兼職を禁止されている職にないこと

(4)破産手続き開始の決定を受け、復権を得ない状況にないこと

(5)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終えていない状況にないこと、又はその執行を受ける可能性がある状況にないこと

(6)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団若しくは暴力団員又はこれらと密接な関係を有する者でないこと

農地利用最適化推進委員については、次の区域を単位として、推薦・募集を受け付けします。

地区名 その地区の区域
日進地区  千代、柳原、栃原、新田
川添地区  神瀬、上楠、下楠、粟生、高奈
三瀬谷地区  長ケ、上三瀬、下三瀬、佐原、弥起井、上菅、菅合、大ヶ所
荻原地区

下真手、上真手、本田木屋、小切畑、江馬、天ケ瀬、栗谷、

茂原、熊内、薗、清滝、菅木屋

領内、大杉谷地区

明豆、御棟、小滝、神滝、滝谷、大井、南、唐櫃、岩井、桧原、

久豆、大杉

 

兼務について

 農業委員と農地利用最適化推進委員の兼務はできません。

 両方に応募・推薦いただくことは可能ですが、農業委員候補者の選定を先に行いますので、農地利用最適化推進委員については、当該委員のみに推薦・応募いただいたかたと、両方に推薦・応募されたかたのうち、農業委員候補者となったかたを除いた中から選考させていただきます。

任期

 農業委員・・・・・・・・・・平成30年10月1日から平成33年9月30日まで

 農地利用最適化推進委員・・・委嘱の日から平成33年9月30日まで

報酬

 条例に基づいて支給されます。

推薦・応募の方法

 推薦は、委員にふさわしい者を3人以上の個人または団体が推薦するものとし、応募は、自ら委員の募集に応募するものとします。

 推薦

 委員に相応しいと思うかたを推薦いただき、本人の承諾が得られた場合、次の書類を提出ください。

農業委員を個人が推薦する場合
 
農業委員会委員候補者推薦書(個人推薦) (WORD:56KB)
 農業委員会委員候補者推薦書(個人推薦) (PDF:155.3KB)
 (3人からの推薦が必要となりますので、3枚提出が必要です。被推薦者に関する事項は1枚で結構です。本人の同意署名、押印が必要となります。)

農業委員を法人・団体等が推薦する場合
 
農業委員会委員候補者推薦書(法人又は団体推薦) (WORD:49KB)
 農業委員会委員候補者推薦書(法人又は団体推薦) (PDF:152.4KB)
 (1枚で結構です。被推薦者に関する事項は本人の同意署名、押印が必要となります。)

農地利用最適化推進委員を個人が推薦する場合
 農地利用最適化推進委員候補者推薦書(個人推薦) (WORD:55KB)
 農地利用最適化推進委員候補者推薦書(個人推薦) (PDF:118.8KB)
 (3人からの推薦が必要となりますので、3枚提出が必要です。被推薦者に関する事項は1枚で結構です。本人の同意署名、押印が必要となります。)

農地利用最適化推進委員を法人団体等が推薦する場合
 
農地利用最適化推進委員候補者推薦書(法人・団体等推薦) (WORD:50.5KB)
 農地利用最適化推進委員候補者推薦書(法人・団体等推薦) (PDF:151.9KB)
 (1枚で結構です。被推薦者に関する事項は本人の同意署名、押印が必要となります。)

 応募

 自ら委員に応募いただく場合、次の書類を提出ください。

農業委員に応募いただく場合
 農業委員会委員候補者応募申込書 (WORD:42KB)
 農業委員会委員候補者応募申込書 (PDF:136.1KB)
 (1枚で結構です。)

農地利用最適化推進委員に応募いただく場合
 農地利用最適化推進委員候補者応募申込書 (WORD:43KB)
 農地利用最適化推進委員候補者応募申込書 (PDF:136.7KB)
 (1枚で結構です。)

 

各委員申し込みに関する記入例・・・農業委員関係 (PDF:293KB)
                 農地利用最適化推進委員関係 (PDF:292.2KB)

 

書類の提出先

大台町役場産業課
電話0598-82-3786
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750

推薦・応募受付の締切

平成30年8月10日(金曜日)必着

推薦及び応募状況の中間公表について

農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)及び同法施行規則の規定に基づき以下のとおり公表します。

農業委員の推薦及び応募の状況

 大台町農業委員会の委員に関する推薦及び応募の状況(中間発表:平成30年6月25日時点) (PDF:73.6KB)

農地利用最適化推進委員の推薦及び応募の状況

 大台町農業委員会の農地利用最適化推進委員に関する推薦及び応募の状況(中間発表:平成30年6月25日時点) (PDF:56.2KB)

委員の選定について

候補者の選考を目的とした委員会により選考し、農業委員については大台町議会の同意を得て、大台町長が任命します。また、農地利用最適化推進委員についても、候補者を選考し、農業委員会が委嘱します。

候補者の選考については、国の規定により、認定農業者数や性別・年齢のバランスに留意して総合的に評価することとします。

お問い合わせ先
大台町役場 産業課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3786 内線:131
ファックス:0598-82-2565
お問い合わせフォーム