町長の部屋


大台町長 大森正信(おおもり・まさのぶ)

大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークシンポジウム 地域内経済循環と持続可能な地域づくりの開催

1月10日に奥伊勢フォレストピア宮川山荘にて標記のシンポジウムを開催しました。
テレビなどでおなじみの日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介様を講師としてお招きしました。奈良県天川村森林政策課長豕瀬様・一般社団法人かわかみらいふ事務局長の三宅様(奈良県川上村)・株式会社Verde大台ツーリズムの野田様(当町)には、活動事例をご報告頂きました。

ご登壇いただきました皆様には、シンポジウムを盛り上げて頂き、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

三重県の鈴木知事や三重県議会議員の西場議員、濱井議員を来賓としてお迎えし、当会に花を添えて頂きました。ありがとうございました。

さて、今回のシンポジウムで感じたことが二つあります。一つは、大台町など“田舎”と呼ばれる場所に住んでいる私たち自身が、しっかり目を向け、地域に誇りを持たなければならないこと、もう一つは、これまで耳にしてきたことによるイメージで物事を判断してはならないことでした。

改めて自分自身を見てみると、情報量の多い現代に生きていると、どうしてもそれらに左右され、事実に目を向け考えるということが少なくなってきたのかもしれません。

いずれにしましても、大台町をブラッシュアップし、次世代に繋げるために、ユネスコエコパークの目的である「自然と人間社会の共生」を軸に、まちづくりを皆様と共に展開していきたいと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いたします。

当日の様子は、後日、大台町行政チャンネル「お~ちゃん」で放映いたしますので、会場へお越し頂けなかった皆さまは是非ご覧ください。

令和2年1月17日更新

記事一覧へ

シンポジウム1

シンポジウム3

大台町消防団出初式について

1月5日、午前中に大台町立大台中学校で大台町消防団出初式を開催しました。
今年は、団長以下170名の団員に参加していただきました。

昨年は、町内で2件の火災が発生し、2件とも住宅を全焼する火災でありました。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

また、風水害等が全国各地で発生し、当町においても台風による町道災害が発生しました。
町といたしましても、引き続き町民皆様の防災意識の高揚を図るとともに、より一層の防災減災対策を実行していきたいと考えています。

さて、私は、訓辞の中で、災害時の現場活動の事故や怪我防止対策には日頃からの訓練が必要で、規律正しい行動や節度が事故や怪我を防ぎ、町民の安全安心につながると申し上げました。令和最初の出初式の場で、消防団員の規律正しい機敏とした勇姿を拝見し、住民の生命と財産を守るという大きな使命を担っていただけるものと確信させていただきました。

最後に晴れの表彰の栄に浴されました63名の団員の皆様、本当におめでとうございます。団員の皆様には、事故・怪我等十分注意していただき、今後も消防団活動に励んでいただきますようお願いいたします。

令和2年1月15日更新

記事一覧へ

出初式1

出初式2

人権擁護委員に対する委嘱状の伝達式及び退任に係る感謝状贈呈式について

1月9日、人権擁護委員の1人が任期満了を迎えたため、退任される尾上薫さんと新たに委員となられる保田正已さんに大台町役場へお越しいただき、丸山津地方法務局松阪支局長と西村松阪人権擁護委員協議会長から退任される尾上様に感謝状と記念品が贈呈され、着任される保田様に丸山支局長から法務大臣の委嘱状が手渡されました。

人権擁護委員は、町民の人権を守るためボランティアで活動されており、尾上様には1期3年にわたり、人権相談や啓発事業など、町民の人権擁護と人権思想の普及や高揚に活動いただきました。長い間、大変ご苦労様でした。

また、新たに委員となられた保田様には町民の人権擁護にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

令和2年1月10日更新

記事一覧へ

人権擁護委員3

人権擁護委員2