土砂災害警戒情報について

平成19年9月1日から、三重県と津地方気象台が連携して、台風や前線等による、大雨で土砂災害の危険が予測されるときに「土砂災害警戒情報」を発表することになりました。これは、大雨警報が発表されているとき、過去に人命を奪った災害時の雨量を基に、土砂災害の危険を判定して、雨量が危険な基準となったときに市町を単位として発表される情報で、注意報や警報と同様テレビやラジオで発表されます。

土砂災害警戒情報が発表されたら

土砂災害警戒情報が、テレビやラジオなどで発表されたら、過去に多くの人命を奪った災害と同程度の雨が降る見込みということです。災害対策本部としても、この情報を避難勧告の基準としていますので、特に山や谷川の近くにいる場合は、速やかに避難をしてください。

避難に関する発令情報と意味

土砂災害警戒情報の発令基準となる過去の災害

  • 昭和28年8月豪雨災害(旧上野市他)
  • 昭和51年9月台風17号災害(旧飯高町他)
  • 昭和34年9月伊勢湾台風災害(旧美杉村、旧飯高町他)
  • 昭和57年8月台風10号災害(旧美杉村他)
  • 昭和46年9月南部集中豪雨(尾鷲市、旧熊野市)
  • 平成16年9月台風21号災害(旧宮川村他)
お問い合わせ先
大台町役場 総務課
〒519-2404
三重県多気郡大台町佐原750番地
電話:0598-82-3781 内線:211
ファックス:0598-82-1618
お問い合わせフォーム